忍者ブログ

さなぎダンス

劇団態変の本拠であるメタモルホールで、2012年7月からスタートした、ダンス公演企画です。障がいを持った身体/持たない身体が、等価にしのぎを削る、稀有な空間として、回を重ねるごとに、大きく変態(メタモルフォーゼ)を遂げるでしょう。

さなぎダンス#9を終えました

遠藤僚之介
Coney

地案
泣く骨

下村雅哉+小泉ゆうすけ(劇団態変)
伯山正孝(ディジュリドゥ)
監修:金滿里
ホヤの実態

主催:ダンスの時間プロジェクト
協力:劇団態変 メタモルホール

照明:阪上英里子 音響:金 里馬
企画:上念省三
 
本日はご来場ありがとうございます。3つの作品、存分にお楽しみください。
さて、今、10日の午前2時過ぎの段階で、決まっていないことがあって、それは、地案さんが白塗りをするかどうかということで、それによっては上演順を変えなければいけないかもしれません。こういうスリルというか、不確定要素は、結構楽しいものです。
舞踏の、ということではなく、日本の伝統としての「白塗り」は、常の場合でないこと、神であること、感情をあらわにしないため、特権階級であることを示すため、といった意味があるとされているようです。
今回どちらになるかわかりませんが、いずれにせよ、白く塗るか塗らないかを熟慮したうえでの選択である、ということは貴重なことだと思っています。


ホヤは成長過程で形態を変える「変態」(metamorphose)をする生物で、岩場に定着してゆらゆらと一生を送るため、使わない脳を自分で消化してしまう、というショッキングな生態を持っています。現在に安住して考えることを置き去りに自分の脳みそを退化させていく、ということから、現代の民衆の置かれたありさまの象徴などとも言われているそうです。
ディジュリドゥは、オーストラリア大陸の先住民アボリジニによる、世界最古の管楽器です。唇を振動させる楽器なので、その意味では、金管楽器と同じ原理をもっています。循環呼吸(サーキュラーブリージング)で、息継ぎの切れ目なく演奏するのが特徴とされています。

※はくさんまさたか
そのむかし、うっかりディジュリドゥに出会い道を踏みはずす。その後、大道芸人と現代美術作家、そして舞踏家に拾われてケモノ道へ。
音語りユニット「ちょうちん&ひるあんどん一座」特殊工作担当。変な楽器作りに腐心する。
杉浦流掃除機術見習い。

 遠藤さんは、若手男性ダンサーの中で、彗星のようなポジションにいる人なのではないかと思います。そういえば、彼をこの公演に誘ったのも、たまたま同時に観に来ていた小規模なダンス公演の客席での雑談からでした。ずいぶん前からお願いしていたので、やっとこの日が来たという思いです。「イワダヌキ」を空想して描いた絵を募集したいと思う日々でした。

拍手[0回]

PR

さなぎダンス#8 寸景

予想を上回る満員のお客さんにお越しいただき、充実のうちに終えることができました。まずは、2階カフェの様子をお送りします。

拍手[0回]

#8、出演者変更のお知らせ

以前から告知していた田中早紀さんが、やむをえない事情で出演を辞退され、代わって酒井エルさんが出演いただくことになりました。

どうぞお誘い合わせの上、今、ここでしか観れない身体を堪能してください。

拍手[0回]

さなぎダンス#8 出演者決定

来年1月16・17日に開催する#8の出演者が決まりました。

田中早紀さんは、神戸女学院大学舞踊専攻を卒業した、表現力豊かなダンサー。
神戸大学からは、4人の学生がコンセプチュアルで切れのいい動きを見せてくれます。
前回体調不良でやむなく出演中止となった向井望さんは、今回は小泉さんとのデュオで。

どうぞお楽しみに!

拍手[0回]

さなぎダンス#6の記録

斉藤綾子

Alice in Wonderland



斉藤さんの作品は、「 9 cells」という10人のダンサーで構成された作品からピックアップされたソロ作品です。「不思議の国のアリス」のどこかのシーンも思い浮かぶかもしれません。「箱入り娘」…というのは半ば冗談ですが、箱のもつ様々な意味、機能を考えながら、お楽しみいただけるものと思います。
 

足一



(たすいち)『緩やかに死んでいく為の方法論』


原案・イラスト:渋谷紘明振付・演出:井上大輔


出演:かえる,井上大輔協力:渋谷美


ご覧いただくまえに、振付の井上さんのコメントを読んでおいていただきましょう。演劇と舞踊の狭間のようなところを追求している人たちです。


ある少女の祖父が病気で亡くなりました。祖父は妻と別れてしまっいたこともあり、孫である少女も、


祖父がなにをしているかなどにあまり詳しくありませんでした。亡くなって、遺品整理のために祖父の部屋に訪れたとき、


大量の、祖父が残した誰も知らない絵がありました。


----


ここまでが現実にあった話です。そして、私は少女(友人)から少しお話を聞いて、遺品のイラストも借りて、考えてみました。


妻とわかれてからずっと絵を描いていたその祖父のことを。そして、私はもうなくなっているその人に会いたいと思ってしまいました。
なぜ絵を描き続けたのか、つらかったのか、楽しかったのか、聞くために。


でも、それができなかったので、この作品が生まれました。 遺品と、少しだけのお話から私がみた、


「ある男の生き様(そして死に様)」のお話です。


どう生きて、どう死ぬのか。 私がみた渋谷紘明さんを、どうか一緒にみてください。
 


植木智+下村雅哉(劇団態変)



『闇夜の狩り』

作品にこんな言葉が寄せられています。おそらく今この、なんともやるせなく悔しい時代を意識せざるを得ない作品に仕上がっているのではないかと思います。

漆黒に、猛るモノ在り。


戦士と成り、獣と成り、魔物と成り…。


生存の為、私怨の為、義憤の為、狩る。


闘いの術を知らずとも、この本能たる身体が憶えている。


狩りを楽しみ、狩りを恐れ、狩りに生きる。



現代のダンスは、いろいろです。よくぼくは、テクニック(技術)をX軸、コンセプト(発想)をY軸にとった座標を書いてみて、その中に自分が試みようとしている表現を置いてみたり、あるいは観客ならいま観た作品を置いてみたりしたら、一応の整理がつくんじゃないかしらん、と言います。あるいは他の軸もありうるかもしれません。容姿や衣裳だって重要なポイントかもしれません。もちろん、分類するのが必ずしもいいとは限りませんが。。。そのように座標にポイントすることによって、できれば、自分が思いも寄らなかった傾向の作品を面白がることができるのだな、ということを発見できればいいなと思うのです。テクニックがなきゃね…と思い込んでいた人が、今のはどう見てもテクニックはいまいちだけど、何かよかったよな…というような。さて、今日、すばらしい出会いがありますように。(上念省三)

公演のレビューは、「イマージュ」61号に掲載しています。
ぜひお読みください。
ご購読は、こちらから。


拍手[0回]

カレンダー

11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[01/09 じょうねん]
[01/09 ._____dance izen]

プロフィール

HN:
じょうねんしょうぞう
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1959/07/23
職業:
フリー
趣味:
舞台

バーコード

ブログ内検索

P R